記事一覧

ユンハンスが日の丸カラーの日本限定モデル「1972 クロノスコープ ジャパン リミテッド エディション 2020」を発売

ユンハンスは2021年夏に開催予定の東京オリンピックへ期待を込めて、日の丸からインスピレーションを受けたカラーリングの特別エディション「1972 クロノスコープ ジャパン リミテッド エディション 2020」を、国内200本限定で発売する。

ユンハンスが公式タイムキーパーを務めたミュンヘン大会



ユンハンス「1972 クロノスコープ ジャパン リミテッド エディション 2020」
クォーツ(Cal.J654.83)。SS(直径43.3mm、厚さ11.3mm)。10気圧防水。日本限定200本。9万3000円(税別)。
 広く知られてはいないが、ユンハンスとオリンピックは深い関係にある。デイトナ偽物1972年にドイツで開催されたミュンヘンオリンピックで公式タイムキーパーを務めた同社は、独自に開発した計測機器を用いた先進的な方法で記録を行った。

 スターターピストルとスターティングブロックを、初めて電子的に接続することに成功。計測機器から電子信号を送ることで、これまでより正確なタイムの計測を可能にした他、全ランナーのタイムを個別に測定した。また、史上初めてカラー写真判定による100分の1秒計測が可能になった。



ユンハンスは斬新な測定方法を開発し、さまざまな「史上初」を作り上げたブランドなのだ。

日の丸カラーをまとった日本限定モデル
そんなユンハンスは2019年7月に日本限定202本の「フォーム メガ ジャパン リミテッド2020」、6月には世界限定150本の「1972 クロノスコープ」を発表するなどこの数年、パネライ 時計 中古日本限定モデルをいくつか手掛けている。



ユンハンス「1972 クロノスコープ ジャパン リミテッド エディション 2020」
クォーツ(Cal.J654.83)。SS(直径43.3mm、厚さ11.3mm)。10気圧防水。日本限定200本。7万8000円(税別)。
 そして20年12月には「1972 クロノスコープ ジャパン リミテッド エディション」が日本限定200本で登場した。ダイアルの配色は日本の国旗である日の丸からインスピレーションを受けたもの。ホワイトを基調としたダイアルに、赤くペイントされたサブダイアルがジャパンカラーを主張する。また、付属のレザーストラップも同様の色調で、赤く塗られたコバはダイアルとの統一感を生んでいる。


ケースバックにはユンハンスが1972年に公式タイムキーパーを務めたミュンヘン大会の模様が描かれる。
 通常のクロノスコープは、マイスターやマックスビル同様のシンプルな「バウハウス」デザインだが、今作はモデル名に記される通り、1972年当時のデザインを蘇らせた復刻仕様だ。topkopi逆回転防止ベゼルを採用したクッションケースは直径43mmと大型で、横3つ目配置のクロノグラフ針がスポーティーな雰囲気を演出する。

 ケースバックには陸上競技のスタートの瞬間が描かれ、ミュンヘン・オリンピックの公式タイムキーパーだった歴史とシリアルナンバーが刻まれている。

コメント一覧

topkopi 口コミ Eメール URL 2021年07月29日(木)12時28分 編集・削除

リアルなトレンド情報をお届け、デザイン・ブランド性・機能性など気になる項目別に徹底評価!口コミ実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です