記事一覧

日本製にこだわり実用性を追求した腕時計

腕時計好きには釈迦に説法でしょうが、『ティソ』は防水・防塵設計の時計の製造にいち早く着手したメーカーであることに加え、1930年には世界初の耐磁性腕時計「ティソ アンチマグネティーク」を開発するなど、時計史においてエポックメイキングな名作を数多く輩出してきた名門として知られているブランド。そんな数々のイノベーションを軸に1950年代に誕生したダイバーズウォッチこそが、「ティソ シースター」です。オーデマピゲ コピー現在リリースされているのは同作の名を受け継いだものとなりますが、スポーツテイストとエレガントさを兼備する普遍的な美しさは当時のまま。歴史に根差したそのブレない軸足があるからこそ、多彩な色使いさえもが洒落者の遊びとして映るというわけです。

文字盤に配されたケースと同色のメタルリングが、謙虚かつ洗練されたエッセンスを注入。ホワイトトーンの上品なカラーリングを、よりエレガントに演出しています。リング上の“NO”、“RX”などの受信状態を示す表示からもわかるように、こちらも定期的な電池交換が不要なソーラー式です。


太く短いバーインデックスとシルバー&ブラックのコンビネーションで男らしさを強調した、骨太のクロノグラフです。チュードル 時計 レディースとはいえ文字盤の処理を使い分けて異なるブラックにすることで、さりげなくスクエアパターンを浮き上がらせる遊び心も潜んでいます。縦に並んだ24時間計、クロノグラフ秒針のサブダイヤルは外周をグリーンのニュアンスカラーにしてアクセントを効かせました。