記事一覧

スイス時計協会FHがスイス時計産業プロモーション・イベント「WATCH.SWISS(ウォッチ・ドット・スイス)ジャパンを3月20日より開催

時代を越えて生き残る作品というものが存在します。音楽、映画、ファッション、そしてもちろん時計製造においても。カール F. ブヘラのヘリテージ バイコンパックス アニュアルは、多くの面でこれを証明するものです。高性能で超精密、アニュアルカレンダーを搭載したエレガントなクロノグラフは、1950年代初頭のデザインとサヴォア フェールを讃え、ヴィンテージの魅力と「ルツェルン生まれ」の時計製造技術を調和的に融合しました。2019年のオリジナル発売から2年を経た今、ルツェルンを拠点とするカール F. ブヘラは、人気の高いヘリテージ バイコンパックス アニュアルのコントラストバージョンを発表します。888本限定、ディープなブラックの文字盤にシルバーの積算計。この新モデルは、世界中の時計愛好家が期待を寄せ、2021年拡充するカール F. ブヘラのヘリテージ コレクションのさらなるハイライトへの先駆となります。


クラシックなデザインの現代的解釈
カール F. ブヘラの歴史は1888年に始まります。この年、カール・フリードリッヒ・ブヘラはルツェルンに時計と宝飾品の店を開き、社の礎を築きます。133年の歴史には数多くの技術的な偉業や注目すべきデザインがあり、歴史的なタイムピースに満ちたアーカイブとなりました。それらはカール F. ブヘラ独自の伝統を反映し、ルツェルン生まれの時計メーカーの現代的なコレクションに貴重なインスピレーションを与えてくれます。フランクミュラー 時計 修理そしてヘリテージ バイコンパックス アニュアルの新モデルは、歴史的インスピレーションを得たヘリテージ コレクションに加わります。「このユニークなコレクションは、130年以上にわたる『ルツェルン生まれ』の時計製造技術に対するトリビュートです。そして限定モデルから成るこのシリーズを次の数か月間でさらに広げていくのが楽しみでもあります。時計愛好家の皆様は、今年4月、ウォッチ&ワンダーズのオールデジタル版にぜひご注目ください」と、カール F. ブヘラのサーシャ・モエリCEOは語ります。
カール F. ブヘラはこの新モデルで、2019年の発売時に2種類のヘリテージ バイコンパックス アニュアルが起こした興奮の波に応えます。
「2年前、ヘリテージ バイコンパックス アニュアルを発売したときの反響は圧倒的なものでした。以来、ブランドのお客様やファンの皆様から、さらなるバリエーションでこのモデルを継続して欲しいとのご要望をいただいて来ました。この新モデルをもって、そのご要望にお応えいたします」とモエリは言います。


クラシックなパンダ・ダイヤルから現代的な逆パンダのフェイスに
1950年代頃に遡るアーカイブピースが、再びヘリテージ バイコンパックスのインスピレーションとなりました。エレガントなクロノグラフは、インスピレーションの元となったウォッチのヴィンテージ様式と、41mmのステンレススティール製ケースなど現代的な特徴を融合しています。また新モデルも、初代バイコンパックスのレトロ調ダイヤルデザインを採用しています。シルバーカラーのクロノグラフカウンターとスモールセコンドが、タキメータースケールで囲まれたディープブラックの文字盤上に左右対称に配されています。
これにより、ヘリテージ バイコンパックスの新モデルは、「パンダデザイン」とも呼ばれるホワイトの文字盤にブラックの積算計が特徴の初代ステンレススティールモデルのカラーコンセプトを逆転させ、いわゆる「逆パンダ」と呼ばれるモデルになりました。
シルバーのステッチが施されたブラックのカーフスキンレザーストラップと穴留式フォールディングクラスプは文字盤のデザインを一層引き立て、時計愛好家たちの心を捉えるでしょう。さらに、新モデルにはスポーティで着用感に優れたラバーストラップもご用意。新しいヘリテージ バイコンパックス アニュアルもカール F. ブヘラ創業の1888年に敬意を表し、やはり888本限定です。



メカニカルなポイント
ヘリテージ バイコンパックス アニュアルはレトロな初代モデルを連想する外観ですが、その内部には最新式の自動巻きキャリバーを搭載しています。CFB 1972キャリバーは42時間のパワーリザーブを誇り、技術に対する高い要求にも応えます。オリジナルから現代的に改良された点は、便利な自動巻きキャリバーによる駆動だけではありません。新モデルの特徴はアニュアルカレンダーとビッグデイト表示にもあります。30、31日という1ヶ月の日数を考慮して、3月1日にのみ調整すれば良いのです。


ヘリテージ コレクション
ヘリテージ コレクションはカール F. ブヘラの豊かな歴史とそのルーツ、スイス中央部にあるルツェルンに対するオマージュです。限定モデルのみで構成されるこのコレクションでは、ユニークなデザインと伝統的なクラフツマンシップが、精緻な複雑機構と最高級の素材に対応しています。
2018年、ニューヨークでローズゴールド製のヘリテージ トゥールビヨン ダブルペリフェラルが発表され、これがヘリテージ コレクションの始まりとなりました。それ以来、カール F. ブヘラはこのユニークなコレクションをさらに充実させてきました。そしてこのたび、最新のヘリテージ バイコンパックス アニュアルの「逆パンダデザイン」が、レッドゴールドを使用したエレガントなバリエーションと、ステンレススティール製「パンダデザイン」のスポーティなモデルに加わりました。コレクションには他にヘリテージ トゥールビヨン ダブル ペリフェラルが、ローズゴールドと貴重なホワイトゴールドの2つのバージョンで用意されています。最高峰の時計製造とレトロなデザインのファンの皆様は、ウォッチ&ワンダーズ 2021のオールデジタル版にぜひご注目ください。そして「ルツェルン生まれ」のさらにエキサイティングな新しいタイムピースにご期待ください。

【関連記事】:キーワードをおさえて今年らしいファッションを楽しみましょう

カミネ旧居留地店でのゴリラ×レオンレーシングのコラボウオッチ発表記念ライブのレポート by haru

4月10日から4月25日まで、カミネ旧居留地店で Gorilla (ゴリラ)2021新作チャリティーフェアを開催中ですが、新作GTレーシングモデルの発表会のスペシャルトークライブ(インスタグラム配信)のレポートです。


トークライブは
Gorilla アジアパシフィックディレクター・麦野 豪氏 と
LEON 編集長・石井 洋氏 で
「ゴリラ」誕生秘話から「LEON」との出会いそして世界限定コラボレーションウオッチの誕生について‼



また、後半から上根社長もトークライブに参加しまさかの… 重大発表‼
カミネ115周年モデルの制作秘話と続き、大変興味深い内容のトークライブでした。

このトークライブ映像は、インスタグラムの LEON magazine Japan (インスタアカウント @leon_magazine ) で保存されていますので是非ともご視聴して下さい。

Gorilla × LEON RACINGコラボレーションウオッチ



フェア期間中は他にも多数展示されていますので是非、お店の方でご確認して下さい。

【関連記事】:http://yasukiyouko.top

ブライトリング新作「スーパー クロノマット」~一段と強力になったブライトリングの万能スポーツウォッチ

スーパー クロノマットは、ブライトリングがこれまでに発表した中で最も大胆なクロノマット。頑丈さとスタイリッシュさのバランスを極めた時計を求める方にとって究極の選択肢です。
1983年にブライトリングがイタリア空軍のアクロバット飛行チームのために製作した「フレッチェ・トリコローリ」にインスパイアされたスーパー クロノマットは、力強さあふれる万能スポーツウォッチでありながら、夜の装いにもマッチするエレガントさを備えています。


ブライトリングCEOのジョージ・カーンは、次のように語っています。
「この時計は、気軽に着けているだけで注目を集める時計です。ブルガリ BVLGARI様々な活動に耐えうるタフさを備えながらも、あなたのスタイルを邪魔することはありません。」


オリジナルのクロノマットと同様に、ライダータブがサファイアクリスタルを保護しています。3時位置と9時位置のライダータブは入れ替え可能なので、カウントダウンだけでなくカウントアップにも使用できます。
44 mmのケースを得たスーパー クロノマット コレクションは、この種のモデルの中で最も大胆なデザインです。主な特徴としては、クロノマットでは初となるセラミックがインサートされたステンレススチール製ベゼルがあります。

そして、アイコニックなバタフライクラスプ式のルーローブレスレットと、そのルーローブレスレットにインスパイアされたラバーストラップとが選択可能に。この新しいラバーストラップは、最先端の射出成形技術を用いて作られています。時計スーパーコピー「マット(つや消し)」「スリック(滑らか)」「ウーブン(織り柄)」という3つの異なる質感が、抜群の深みを生み出しています。


3色のカラーバリエーション
スーパー クロノマット B01 44には3つのバージョンがあります。
2つのモデルはステンレススチール製で、ブルーまたはブラックのダイヤルとベゼルの組み合わせです。



すべてのモデルに、コントラストの効いたシルバーのクロノグラフカウンターが搭載されています。COSC公認のキャリバーブライトリング01(自社開発製造)はパワーリザーブ約70時間。このスーパー クロノマットは、200 mの防水性を備えています。

さらに特別なモデルをお求めの方には、UTCモジュールをルーローブレスレットに組み込んだブラックダイヤルのバージョンもご用意しています。UTCは、Universal TimeCoordinated(協定世界時)の略です。1980年代から提供しているブライトリングのユニークな機能で、第2のタイムゾーンを把握するためのものです。

【関連記事】:福岡県の高級ブランド情報

モダンなドレスウォッチのリバイバル、アーミン・ストロームの大胆な挑戦

「“トリビュート1” は、コンテンポラリーで革新的な技術を用いた美しい仕上げのウォッチです。私自身とても気に入っています。コレクターの方々にも気に入っていただけると思います。」と共同設立者のSerge Michel(サージュ・ミシェル)は語ります。「世界的感染拡大のために、私たちの多くは普通の社会的コンタクトを控えることを余儀なくされました。レディースギフトガイドこのトンネルから抜け出したあと、ノーマルな生活を取り戻すことができます。人々が集い社会生活を楽しむことは贅沢なことのようにさえ思え、これまで当たり前だったことがいかに大切なものであったかを身にしみて感じています。このような時、ドレスウォッチを手にすることにより希望が生まれるかもしれません。過去と未来のつながりに意味を与えることができるかもしれません。」とミシェルは語ります。



「数年前まで人々は、全てを社内で製造する少数ロットで経済的なウォッチモデルはできないだろうと言っていました。」と共同設立者のサージュ・ミッシェルは続けます。「製造設備は高価だし、かなりのスペースが必要です。でも私たちは情熱の赴くままに、ついにこれを実現しました。私たちの決心は実を結んだのです。そして、時計づくりの情熱を現実に具体化していくことにより、財務的にも意味のある状態を生むことができるのではないか、それが実際にどのような形で進むかはまだわからないにしろ、その可能性があると考えるようになりました。幸いなことに、私たちはリスクを取ることも情熱をフォローすることもできます。“トリビュート1” はその情熱を表しているだけではなく、それ自体へのトリビュートなのです。同時に、モダンなデザイン感性に包まれたクラシックなオートオルロジュリーのドレスウォッチへのトリビュートでもあります。」



技術的特徴
“トリビュート1” の高効率のモーターバレルは、バレルの外周から巻き上げ、香箱真からメインスプリングの回転を取り出すもので、スペースを利用しながら効率をアップしています。



価格とバリエーション
“トリビュート1” のファースト・エディションは25本限定で、現在発売中です。アクセスしやすい価格を意識し、価格は13,900スイスフランです。このエディションではホワイトゴールドのバレルブリッジをアピールしています。またアーミン・シュトロームの通常の保証期間の2倍である10年保証がついています。

【テクニカル・インフォメーション】
"トリビュート1"
ST21-TRI.75.AL.M.35
[ムーブメント]:
アーミン・シュトローム マニュファクチュール キャリバーAMW21
手巻きムーブメント
表示:時、分、秒
調整機構:変動慣性テンプ付の平ヒゲゼンマイ
パワーリザーブ:約100時間
サイズ:33.5(径)x 4.2(厚)mm
振動数:3.5 Hz (25,200振動/時)
仕上げ:最高品質の手仕上げ
石数:21
部品数:135

[ケース]
ステンレススティール
反射防止加工サファイアクリスタルのフロント及びケースバック
サイズ:38(径)x 9(厚)mm
ラグ幅:18 mm
防水性:5気圧

[ダイアル]
オフセット
針:アーミン・シュトローム マニュファクチュール製、ステンレススティール、手仕上げ

[ストラップ]
グレーのアルカンターラ カーフレザー ストラップ、ステンレススティールのダブル・フォールディング・クラスプ

【関連記事】:http://tetsuro.top

ラング・アンド・ハイネ(Lang & Heyne):

001 年に設立され、ドレスデン近郊のラーデベルクに拠点を置く L ang Heyne 社は、ユニークな機械式時計の愛好家の間での代名詞になっています。その並外れたメカニズムを備えた時計は、常に 同社が もっとも重きを置くところでもあります。 そして 細部へのこだわりは、完璧さを追求し、できるだけ多くのものを手作業により作りたいという願望とともに、世界中のファンを魅了しています。



そしてもちろん、これらすべてを技術的、美的にも最高水準をもって行っています。最初のビジョンと計画から完成した傑作まで、当社の幅広い専門家が協力して、特別な時計を作り上げます。これは ラング ハイネ 社が、ブランド・コンセプトの 主要部分である、幅広いカスタマイズの機会を提供できることを意味します 。

ラインフェルダー(Leinfelder Uhren München):

特別なものを作るには、スキル、献身、そして時間がかかります。これらの能力の完璧な相互作用からのみ、コレクター・アイテムが出現します。バイエルンの首都の中心部にあるラインフェルダー・ウーレン・ミュンヘン(Leinfelder Uhren München)は、まさにこの情熱に専念しています。ノーブルな腕時計は2010年以来、そこで設計、開発、製造されてきました。精密なウォッチメイキング、卓越したクラフトマンシップ、最高の品質と行き届いたサービスは、同社の最も重要な原則のひとつです。



デザインに関してラインフェルダーは、スポーティなクロノグラフから、表現豊かなスリーハンド・ウォッチまで、さまざまなテーマを追求しています。ただしすべての時計には共通点がひとつあります。それはエレガントで、現代的なデザインコードと最新の製造プロセスの融合です。そして一つのテーマ、時を愛すること。


ブラーケン(BLAKEN):

Blaken(ブラーケン)社は、世界中の高級時計をカスタマイズおよびパーソナライズするためのナンバーワンのサービス企業です。経験豊富なスペシャリスト・チームが高品質のブランドから、オリジナルのラグジュアリー・モデルを採用し、メンデン(Menden)のデザイン・スタジオで、ストラップからケース、ダイアルに至るまで、視覚的な変換プロセスを使用して時計に新しいユニークな外観を与えます。これらのエキスパートは、顧客のリクエストに応じて、独自の保証とパッケージを備えたワンオフのBlakenによる芸術作品を製作します。変換プロセスは、元のブランドからオリジナルのパーツを視覚的に再設計及び変換することに完全に限


ブラーケンのパーソナライズは、特許取得済みのハイテクプロセスに基づいて「Made in Germany」マークに100%一致しており、プロセス全体を通じて元の製品を尊重しています。変換には最大12週間かかる場合があります。その間、マスター・ウォッチメーカー、エンジニア、マテリアルの専門家のチームが高級時計を、パーソナライズされた高級時計に変えます。Blaken GmbHは、メンデンを拠点としています。アレクサンダー・クリングバイル(Alexander Klingbeil)は、マネージング・ディレクターとして、2019年から同社を率いています。

【関連記事】:学生時代の腕時計