記事一覧

パネライ新作 「ルミノール マリーナ カーボテック ブルーノッテ」がオンライン限定で発売~深い海へと誘われて


画期的な発光物質ルミノールの開発から、特許取得済のリュウズプロテクターの発明まで、パネライの歴史は技術と美しさの歩みそのものです。ルミノール マリーナ カーボテック ブルーノッテの登場は、もう1つのマイルストーンと言えるでしょう。
イタリアのスタイルとスイスの卓越した技術を融合するブランド、パネライのデザインコードにおける2つの特徴的な要素であるカーボテックケースとブルーノッテダイヤルを、初めてペアリングしました。カーボテックの主張とイタリア語でナイトブルーと名付けられた文字盤の繊細な輝きは、カジュアルでありながら強さとカリスマ性を醸造します。パネライ コピーどんな装いにも適したエレガンスを兼ね備えたこの新作は、500本限定で、panerai.comからオンラインで独占的に入手できます。


カーボテックは、腐食を含む外部からの影響に対して、より大きな耐性を発揮することで知られています。この特別な素材を作成するために、カーボンファイバーシートを繊維の向きが交互になるよう重ね、制御された高圧温度下で圧着し、最後に先端ポリマーPEEKで固めます。
このプロセスにより、表面がマットなカーボテックプレートが製造され、ルミノール マリーナ ケースを形成する際に、二つとして同じものがない、固有の筋目模様が現れます。
カーボテックは、光沢のあるブルーの文字盤に理想的な輪郭を形作ります。まるで海面を通り抜けて海底へと届く太陽光線のように、光がケースを横切って現れます。



サンドイッチ構造のダイヤルには、暗闇でグリーンに光り、文字盤のブルーとの鮮明なコントラストを描く数字、インデックス、ブラックスティール針があしらわれています。
カーボテックのケースには、自動巻きムーブメントであるP.9010キャリバーが搭載されています。
時、分、スモールセコンド、デイト、3日間のパワーリザーブ、そして分針の動きに影響を与えることなく時針を動かす機能を備えています。この機能のおかげで、時針を1時間単位で前方または後方に移動して、素早く時刻を調整することができます。パネライ 時計 ベルトヌーシャテルにあるパネライ マニュファクチュールが製造するこのキャリバーは、パネライの研究開発部門 Laboratorio di Idee (アイデアの工房)によって考案されました。

ルミノール マリーナ カーボテック ブルーノッテの防水機能は30気圧(水深約300メートル)で、マット仕上げのブルーノッテ アリゲーターストラップとDLCコーティングを施したチタン製台形ピンバックルが組み合わされており、ダークブルーのラバーストラップがスペアとして付属しています。


【関連記事】:世界的に有名なラグジュアリー関連製品と情報

カール・スッキー&ゾーネ初となる機械式クロック「テーブルワルツ」を発表

カール・スッキー&ゾーネは、ブランド初となる機械式テーブルクロック「テーブルワルツ」を発表した。開発に2年を要したムーブメントCal.CS-T1を搭載する、ブランドの哲学を余すことなく体現したクロックである。


オーストリア生まれの時を刻む芸術作品
 カール・スッキー&ゾーネは機械式テーブルクロック「テーブルワルツ」を発表した。オーストリア・ハンガリー皇帝のフランツ・ヨーゼフ1世や皇帝エリザーベートに仕えた宮廷時計師だったカール・スッキーと、彼の息子たちにちなんで名付けられたカール・スッキー&ゾーネオーデマピゲ 時計 中古。2016年にファーストモデル「ワルツNo.1」を発表し、シンプルかつユニークなモデルを生み出している。



カール・スッキー&ゾーネ「テーブルワルツ」
付属の鍵を使用する手巻き(Cal.CS-T1)。パワーリザーブ約168時間。真鍮製ケース(縦255×横145mm、奥行き85mm)。世界限定10台。528万円(税込み)。
 今回発表されたのは腕時計ではなくテーブルクロックであり、新生カール・スッキー&ゾーネとしては初である。約150年前に、ウィーンの上流階級が集まるサロンを飾るテーブルクロックを製作していたカール・スッキーの精神を継ぐ本作は、モダンな解釈でスケルトン構造を採用。“空間と時の概念を変化させるクロック”としてデビューを飾った。



それぞれの歯車に抜いたパターンは、カール・スッキー&ゾーネのファーストモデル「ワルツNo.1」のダイアルや、ディスク表示のスモールセコンドを彷彿とさせる。
 10本のみ製作されるこの特別なモデルは、同ブランドと副風の受賞歴を持つデザイナー、ライナー・ムッチュと、ウォッチメーカーのテレーゼ・ヴィブナーとのコラボレーションによって生まれたものだ。約2年間の開発期間を経て完成したムーブメントCal.CS-T1を搭載し、何より、カール・スッキー&ゾーネ独自のデザインを持つ歯車が目を引く。ゼンマイの巻き上げは昔ながらの鍵巻き式で、約168時間のパワーリザーブを蓄えることができる。

【関連記事】:http://reflecting.top

自然の美にオマージュを捧げる世界限定8本の腕時計 ジャケ・ドロー「バタフライ・ジャーニー」が 日本国内に入荷

ジャケ・ドローのアトリエ・オブ・アート(伝統芸術を受け継ぐアトリエ)の優れた専門技術によって、蝶のエレガンスさを宿した世界限定8本のプティ・ウール ミニットモデルから成る、時の美しさを表現した繊細でロマンチックな2つのモデルが誕生。ジャケ・ドロー銀座ブティックにホワイトゴールドが1点入荷し、ご覧いただけます。


  蝶に導かれる天使:詩情に包まれたその光景は、まるで時が止まったかのような印象を与えます。ジャケ・ドローについて書かれた古い本に掲載されたこのモチーフは、ピエール-ジャケ・ドローが啓蒙思想の時代に開発した、1体の伝説的なオートマタ「画家」によってたった1度だけ描かれたことがありました。


  そして2013年、ラブィング・バタフライにこのモチーフが採用されます。この腕時計は、イタリアの名高い建築物を飾る、プッティと呼ばれる幼い天使たちの彫刻と、バロック様式やルネサンス様式を生んだイタリアの貴重な文化にオマージュを捧げています。


蝶は今年、かつてない圧倒的な存在感で時計の舞台に舞い戻ります。世界限定8本のプティ・ウール ミニットモデルで構成された2つのモデルは、それぞれが時計の“儚い”ストーリーを描き出しています。


  なぜなら全8種からなる文字盤上の風景には、ブランドの18世紀の自然主義に対する情熱を物語る、蝶の飛び立ちが表現されているのです。 ブランドの職人たちは、この自然の美、繊細さ、一瞬一瞬の儚さをテーマとした、2つのストーリーを思い描きました。


  “白紙”の文字盤は、画家や彫刻師が芸術的なイメージを施すことができるようになっています。直径43mmのレッドゴールドケースをまとうダイアルの下部には、フェイジョアのフラワーブーケが表現されています。その上を舞うレッドゴールドの蝶は、手作業で彫刻が施され、奥深いブルーのシャンルベ・エナメル装飾された羽とコントラストを描いています。このトロピカルな雰囲気を漂わせるシーンは、ラグに至るまで264個のダイヤモンドが施された、同じ直径のホワイトゴールドケースの中枢に表現されたシーンと対を成しています。アジアの旅へといざなうそのシーンには、ホワイトゴールドの蝶が、愛の象徴である淡いピンクを帯びたシャクヤクの周りを飛び回っています。立体的な蝶、シャンルベ・エナメル装飾された羽、繊細な古色を帯びたスリムな胴体、鮮やかなカラーのフラワー装飾など、細部にまで貫かれたディテールによって、思わず息を呑むほどの美しい情景が生み出されています。ジャケ・ドローのノウハウと職人の巧みな技術を駆使して、究極の装飾を追求したバタフライ・ジャーニーは、ジャケ・ドローが絶えず抱いてきた、一瞬の輝きや、動植物界における自然の儚い神秘への関心を物語っています。


【関連記事】:快適な旅を叶えるトラベル小物特集

エレガントなジュエリーウォッチの最高峰!カルティエの時計「パンテール クラッシュ」


エメラルドの目とブラックラッカーの鼻が織りなすパンテールの表情までエレガント。『パンテール クラッシュ』 ¥13,900,000 ●ケース:ホワイトゴールド×ダイヤモンド ●ケースサイズ:縦46×横23mm ●ストラップ:アリゲーター ●クオーツ ※シャイニーピジョンブルーのアリゲーターの替えストラップ付き [Precious2019年7月号208ページ]
卓越した宝飾技術の妙が光る!
2頭のパンテールが、レジェンダリーな『クラッシュ ウォッチ』ケースの上下で向き合う独創的なジュエリーウォッチ。文字どおり「スーパーコピーブランド」させた複雑な形状のケースや、パンテールの立体的な造形の細部にいたるまで施されたダイヤモンドセッティングに、カルティエの卓越した宝飾技術の妙が光ります。

真のマニュファクチュールが女性に捧げる、名品ブレスレットウォッチに視線集中!
多くの名門ブランドが大きな企業グループの傘下に収まっていった時計界で、現在も独立経営を貫き続けているショパール。その一貫した孤高なスタンスによって、同様のパテック フィリップやロレックスとともに、特別な存在感を放っています。

そんなショパールの今年の新作は、豪奢なハイジュエリーウォッチから、自社製ムーブメントを搭載した複雑機械式時計まで幅広い展開。ラグジュアリーなジュエラーとマニュファクチュール、ふたつの顔をもつブランドならではの面目を多いに発揮しました。

世界中から絶大な支持を集め続けているアイコン『ハッピースポーツ』も自社製機械式ムーブメントを搭載したモデルのバリエーションを拡充。EMS 追跡ブランドの稀有な個性を改めて印象づけました。

『ハッピースポーツ オーバル』予価 ¥3,790,000 ●ケース:ローズゴールド×ダイヤモンド ●ケースサイズ:縦31.31×横29mm ●ブレスレット:ローズゴールド ●自動巻き ※2019年秋発売予定 [Precious2019年7月号207ページ]
『ハッピースポーツ オーバル』
昨年、誕生25周年を記念して発表された自動巻きムーブメント搭載のモデルに、今年は待望のゴールドブレスレットが登場しました! 丸みを帯びたパーツが連なるしなやかなブレスレットは、1993年に登場したファーストモデルに採用された「マイユデザイン」へのオマージュ。

ずっしりとした重量感がありながら、しなやかなつけ心地を逆説的に楽しめる珠玉の仕上がりに。

【おすすめの関連記事】:http://fujita.top